料金システム | 不用品回収業者は掃除代行のプロ、業者探しのコツとお得な利用法

料金システム

個数計算

粗大ごみとして大型の不要品を処分する時は、粗大ごみとして行政と回収日時を確定させ、個数ごとに料金を支払う必要があります。
しかし、運び出しや解体を自分で行なわないといけないと考えると、不要品回収業者を利用する方が便利でしょう。
不要品回収業者の料金システムにも、個数で料金を定めるプランがあります。
処分したい不要品の数が多くない場合は、個数計算で処分する方が割安になるでしょう。
不要品回収業者を利用する時には見積もりを出す事が可能なので、前もって見積もりを出してもらい、割安になるプランを選ぶといいでしょう。

詰め放題プラン

不要品回収料金を個数ではなく、トラック詰め放題で定めるプランがあります。
そのプランは、不要品の数が多い場合に利用するととてもお得になるでしょう。
トラックには大中小のサイズがあるので、そのサイズによって利用料金が決まります。
1番小さいサイズで軽トラ1台です。1人分の不要品であればこのサイズで充分でしょう。
詰め込み放題プランの中で最も安い料金は3万円前後だとされています。
その料金で、運び出しなどのサポートも行ってもらえるのはとてもお得です。
人数の多い家族であれば、やはり大量の不要品が出るので、2tトラックを利用するプランがいいでしょう。
この位のサイズであれば、大型家電や家具の運搬も可能です。

建物構造で追加料金

建物によってはエレベーターがありません。
そういった物件での作業ももちろん不要品回収業者は請け負いますが、作業員の負担が大きくなるので、追加料金が発生する場合があります。
回数によって料金が定められている場合があるので、事前に調べておくといいでしょう。
また、物のサイズによっては入り口から運び出す事が困難な場合もあります。
そういった時には吊り下げ作業で、ベランダから運び出す事が可能です。
特殊な作業が加わった時にも追加料金が発生するでしょう。